Thursday, February 22, 2018

大杉漣さん訃報翌日のゴミ拾い

身近に感じる世代の方達がお亡くなりなります。その都度、ゴミを拾いながら「死生観」や「人生の終わり方、終わらせ方」について考えるようになりました。そして、その回数が年々多くなっていく新米五十路の私です。
四十歳から五十歳までの十年間は、情熱ある人びとにとって、常に危機的な十年であり、生活と自分自身とに折り合いをつけることが往々にして困難な不安の時期であり、たび重なる不満が生じてくる時期である。 
しかし、それからおちついた時期がやってくる。 
私はそれを自ら体験したばかりではなく、多くのほかの人たちの場合にも観察した。 
興奮と闘いの時代であった青春時代が美しいと同じように、老いること、成熟することも、その美しさと幸せをもっているのである。
 
人は五十歳になるとある種の子供っぽい愚行をしたり、名声や信用を得ようとしたりすることをやめる。  
そして自分の人生を冷静に回顧しはじめる。  
彼は待つことを学ぶ。  
彼は耳を傾けることを学ぶ。  
そしてこれらのよき賜物を、いくつかの身体的欠陥や衰弱という犠牲を払って得なくはならないにしても、彼はこの買い物を利益と見なすべきである。  
~ヘルマン・ヘッセ~

どうせいずれは働けなくなる。

働きたくても年々難しいことも多くなってくる。

「私も貴方くらいに若い頃からゴミ拾いをやっとけばよかった。今になってそう思っても体が言うことを聞かん」と、ゴミ拾い中の立ち話でシニアの方が後悔の念をよく口にされます。

終活としてゴミ拾いなどの奉仕活動をされる方達も多いと聞きます。


私はまだ老年ではありませんが、何事に対しても常に「明日は我が身」と思うようにしています。私の人生に折り返し地点はなく、限界点も設定せず、足が動かなくなるまで「道」(タオ)を歩き続けるだけです。

いつも通りに元気に家を出て、いつも通りに元気に家に帰ってこられなかった方達のニュースを毎日見聞きします。

最後に家族や愛する人と交わした言葉は何だったのだろう。
最後の晩餐は何だったのだろう。
最後に聴いた音楽は。
やり残したことが沢山あったはず。

なにより「いってきます」といつも通りに家を出た時、自分が帰ってこられないことなど考えもしなかったでしょう。

「いってきます」とは「行って帰って来る」という宣言なので、必ず帰ってこなければならないのです。

毎朝ゴミ拾い(登拝も)に出たら、必ず家に戻ることを最優先に考えたい。

明日は我が身。終活は老年だけのものではないです。


つまらぬこだわりは身を縮め、足を止めるだけ。

どうせ一回の人生だから。

明日も明後日も一歩一歩拾い続けるだけです。

ひとつ拾ってひとつ反省。
ひとつ拾ってひとつ感謝。

生きることに慣れきってしまった私の若年終活のひとつです。

春になると「孤高のゴミ拾い」は7年目に、「孤高の登拝」は6年目になります。

恥ずかしながらこの歳になって、まだ何一つ成し遂げたことがありません、


When I'm gone

大杉さん、ご苦労様でした。安らかに。

No comments:

Post a Comment

万年筆のノート術

知人がプレゼントしてくれた原稿用紙。 かなり前に製造中止になったKOKUYOさんの万年筆専用ノート(手帳サイズ/ノ-CH2U)のストックが、あと1冊になってしまいました。 KOKUYOさんの 書翰箋(ヒ-211)は、万年筆用のメモ帳としては、自分の中では最高クラ...