Monday, January 22, 2018

「エンジン01文化戦略会議オープンカレッジ in 大分」


小室哲哉さんの演奏がキャンセルになったのは残念でしたが、ご事情を考えれば致し方ないところなのかもしれません。ご自愛下さい。

開幕前にケチがついた感じになってしまいましたが、そもそも大分では盛り上がりに欠けていると言いますか、周知・興味を持たれていないように感じています。テレビで唐突に井沢さんが「大分の人は知性がある・・・」みたいな話(正確ではないかもしれません)をされ、テレビのこちら側は「へ?何の話?」となったのではないでしょうか。関係者とチケットを購入する人以外でこのイベントの話をする人は少ないです。私の周囲では「0」です。老若男女。

これは、自治体さんが音頭をとることにありがちなことで、マーケティングがないのですね。「凄いイベントがあるよ。有名人が来るよ。凄いだろ。行きたいだろ。一体となって盛り上がろう。」的なこと。「せっかくなのに残念だな」と感じることの多い大分です。(悪口じゃないですよ)

私のような小市民が何を言っても無駄なので、「エンジン01文化戦略会議オープンカレッジ」の先生方が、事前の戦略的なことから教えてあげたらよかったのではないかと思います。堀江さんとか。

私自身は大変興味があり、成功に終わることを願っています。わが町大分を選んでくれて感謝です。

No comments:

Post a Comment

万年筆のノート術

知人がプレゼントしてくれた原稿用紙。 かなり前に製造中止になったKOKUYOさんの万年筆専用ノート(手帳サイズ/ノ-CH2U)のストックが、あと1冊になってしまいました。 KOKUYOさんの 書翰箋(ヒ-211)は、万年筆用のメモ帳としては、自分の中では最高クラ...