Saturday, December 16, 2017

地元密着スーパー

地元密着スーパーは、宅配についてどう考えているのかはわかりませんが、好き嫌い関係なくそういう時代になってきました。高齢化社会にも対応しなければなりません。

商圏を特化(狭く)、車ではなくメッセンジャーのように自転車で動き回り、配達・営業・御用聞きをこなすことができる「商圏に強い人材」を雇用することで戦わないとですね。「あーあそこのあの人。どうせやったらあの人から買うわ」というような「商圏に強い人材」を大手にとられないように。地元密着は、地元密着を強みに戦わなければ。

マーケティングをきっちりして、試行錯誤しながらモデルを構築しなければです。キーワードは「メッセンジャー」。

頑張れ、地元密着スーパー!

~「街角のマーケター」の思いつき~

No comments:

Post a Comment

万年筆のノート術

知人がプレゼントしてくれた原稿用紙。 かなり前に製造中止になったKOKUYOさんの万年筆専用ノート(手帳サイズ/ノ-CH2U)のストックが、あと1冊になってしまいました。 KOKUYOさんの 書翰箋(ヒ-211)は、万年筆用のメモ帳としては、自分の中では最高クラ...