Friday, May 19, 2017

旅行話【2017.5.19】孤高のゴミ拾い: 22,077 km/13,718 mi

先日、アメリカの10歳以下の子供ちゃんの自殺について書きました。[post] 「ランドセルをしょっている子供ちゃんが自殺とか悲劇としか言いようがないです。」と書いたのですが、今日【小5女児自殺、いじめ調査へ 兵庫・多可町】[article]/【自殺死亡率: 日本はワースト6位 先進国の最悪レベル】[article]というニュース記事を読み改めて現実を思い知らされました。

日本の「世界幸福度ランキング(2016)」は、155ヵ国中51位で、お世辞にも幸福な国とは言えません。
このまま行ったら日本はなくなって、その代わりに、無機的な、からっぽな、ニュートラルな、中間色の、富裕な、抜け目がない、或る経済大国が極東の一角に残るのであろう。 
~三島由紀夫~
以前は、「そうなるのかもね」くらいの感覚だったのですが、『孤高のゴミ拾い』を始め、20,000 km以上を拾い歩き日々現実を目の辺りにする現在、三島先生の言葉の意味が体感として理解できるようになりました。同様に、司馬遼太郎先生が言われることも理解できるようになりました。

足で理解しました。(つもりでいます)
ゴミ拾い道中で、久しぶりに日記名「コロコロさん」にお会いしました。年に数度しかお会いしないのですが、いつも「あなたの(ゴミ拾いの)グループに入りたいのよ。後を付いて歩こうかしら」とおっしゃるのです。「ゴミ拾いをしたい気持ちはあるのだけど、コミュニティのはちょっとね。1人だと恥ずかしいし。と言いながら何もしてないんだけどね。家でじっとしていて暇なのよぉ」と、笑顔で続けられました。このくだりは、5年前から変わらずです。

今日はいつもの「くだり」の後、初めて違うトピックについて話しをされました。「コロコロさん」は海外旅行好きで、まもなく北欧に旅立たれるというお話。あとロシアとエーゲ海に行けば、ヨーロッパを制覇。ニューヨークとカナダは素晴らしく、ラスベガスは苦手だったと。一人旅もされるらしいのですが、女性には男性にはないパワーと度胸がありますね。シニア男性は内向きな人が多く、ましてや海外一人旅なんて。

「わたし話するのが好きだからつい長話しちゃって」と10分ほど楽しそうに話しをされました。

暗い話題について考えながらゴミ拾いをしていたのですが、後半に楽しい旅行の話を聞けてよかったです。人様の旅行話を聞くのは、自分も楽しくなるので好きです。
皆様のご理解とご協力をお願い致します。

No comments:

Post a Comment

本末転倒の町【2017.5.24】孤高のゴミ拾い: 22,119 km/13,744 mi

ツバメちゃん達が巣立ってしまいました。空っぽの巣を見るのは寂しいです。もしかしたら第2陣が子育てにやって来るかもしれません。 飲み食いしたゴミ、男性の衣類や下着、女性の下着やストッキングが散乱していました。使用済みの避妊具も散乱していました。ここだけの、今日だけの話では...