Saturday, April 30, 2016

時間軸~西寒多神社 is beautiful!~

ずいぶん回り道をした。それもまたいい。
大分市田尻にある「各念寺」さんの掲示板に書かれてあるお言葉だ。3ヵ月くらいに一度の頻度でアップデートされるのだが、ゴミ拾い道中に立っているので、毎日お言葉をチラ見して通過する。私に向けての教訓だと理解している。

回り道も寄り道も、間違った道を歩いていることに気付き、間違った地点まで引き返すことも多い私の人生だ。

歩くのは、「少し止まりながら」というのがよい。

奥の細道で芭蕉が「閑さや岩にしみいる蝉の声」の句を詠んだのは立石寺。実は、芭蕉は立石寺を通過してしばらく行ったところで出会った村人に「是非、立石寺は見ておくべき」と言われ、来た道を35km歩いて引き返した。芭蕉が先を急げば、「閑さや岩にしみいる蝉の声」の句は生まれなかった。芭蕉も村人も2人の立ち話がキッカケで生まれた句が現代まで伝承されているとは知る由もなく、一期一会の大切さが胸にしみ入る先人の声。

芭蕉は、2度手直しをしている。

「山寺や石にしみつく蝉の声」から「閑さや岩にしみつく蝉の声」を経ての「閑さや岩にしみいる蝉の声」だ。

飛行機・新幹線車・ネット・スマホなどの高速現代社会では出てこないこだわりの手直しである。

朝茶は七里(28km)帰っても飲むというのもなかなかの話。


イライラすることの多い現代社会だ。高速になれば、更に高速にという欲求が生まれのは人間の性であり、それが満たされなければストレスとなりイライラすることなる。

車のサンバイザーについている鏡は、女性のメイク直しのためについているのではなく、運転中にイライラした時、険のある自分の顔を見て、その顔に対する嫌悪感で心を落ち着かせるためのものである。

最近、常にイライラしているアメリカ人が、怒りをコントロールするためのメディテーション(瞑想)としてヨガや東洋的な考え方・神秘を取り入れているのに対し、当の日本人は、真逆の道を進んでいる。それも本質関係なく表っ面の西洋化だけを取り入れるものだから性質が悪い。

 
私が登拝を繰り返し奥宮を掃き清めるのは、日本的メディテーション(瞑想)の一環だと思っている。座禅も同じく。

毎週通う「西寒多神社」境内の中と外とでは時間軸が異なる。

実に穏やかに外界よりゆったりと時間が流れているのだ。神社とはそういう場所なのだが、神体山の麓に凛と鎮座する西寒多神社は、町中の神社よりも更にゆったりとしており、山の上の奥宮は別次元の空間だ。特別な信仰心のない怠惰な私が、朝2:00に起きて111度も登拝を繰り返すのだから、やはり別次元なのであろう。

「毎日ゴミを15km拾い、更に毎週朝早く起きて登拝をしてシンドクないのか?」とは、アメリカ知人によく聞かれること。

「少し止まりながら一歩一歩進んいるので、以前より楽に生きられてるよ。」と答えると、「ビューティフル!」と。

急ぎ過ぎて失敗する人をよく見かける。

私もその内の1人である。

イライラする時、たまには近くの神社で日本的なメディテーションも良いもので、時間がある時にはお一人で西寒多神社に参られてみてはいかがか。

GW2日目【2016.4.30】孤高のゴミ拾い: 17,621km/11,949mi

大分市府内大橋付近(①)のゴミを拾っていると、毎年のようにGWとお盆に「高千穂(②)に行くには・・・?」と道(一般道)を聞かれるのですが、果たして今年はどうでしょう。地震の影響で県外ナンバーの車を見ることはありません(自分は)。府内大橋付近で高千穂を聞かれても「あっちの方角です」としか説明のしようがなく。
一雨ごとに草がグンと伸び、いよいよ土手のゴミが拾えなくなってきました。
6月になると業者さん(センコー企画さん)により草刈りが始まりますので、それまでは目に見える部分だけのゴミ拾いとなります。
 皆様のご理解とご協力をお願い致します。

Friday, April 29, 2016

活性化とは【2016.4.29】孤高のゴミ拾い: 17,606km/11,940mi

GWは、上半期のポイ捨てゴミのピーク期なのですが、昨年は大分駅「アミュプラザ」効果で車・人の流れが変わり、著しい増加はなくいつも通りでした。「今年はどうかな?」と思っていたのですが、初日は地震の影響もあってか多くはなかったです。町もなんとなく静かです。
それでも部活生や子供ちゃん達の元気な声が聴こえると、町に活気が出て良いです。現在は、経済的なことでの活性化というのが主流となっていますが、本来の活性化とは、こういうことなのではないでしょうか。

心身のバランスが崩れている日本であり、大分県であり、私であり。
皆様のご理解とご協力をお願い致します。

この牧場歩きたい: Kualoa Ranch in Kahaluu, Oahu

[visit the website]

この牧場歩きたい: Kahua Ranch in Waimea, Hawaii

[visit the website]

Tuesday, April 26, 2016

この湖周辺の道歩きたい: Enchantment Lakes, Washington

お天道様【2016.4.26】孤高のゴミ拾い: 17,591km/10,931mi

「そんな金にならんことして、あんたもご苦労やな。そんな事しても無駄無駄。もっと人生楽しみよ。」と、シニア男性に声を掛けて頂きました。

その後、シニア女性に「あなたをいつも見ていて私も(ゴミ拾いを)やってみたと思ったの。先が長くないし。私でもできるかしら。」と声を掛けて頂き、「私にできることがあれば電話ちょうだいね。」と、電話番号の交換をさせて頂きました。

人それぞれです。
人がやりたがらない、無理にやらなくてもよいことでも、 誰かがやらなければならないこともあるわけでして。例え、それが無駄に終わったとしても。ただ、そういう人が少なくなったという日本であり大分であり。

ゴミ拾いから学ぶことが多く、今まで出会わなかったタイプの方々と挨拶・談笑をし、それはそれで結構楽しんでやっています。楽しくないと続きませんし、ゴミ拾いから楽しさを見つける楽しさというのもあります。

あとは、「お天道様が見てるんだぜぇ」でいいんじゃないですかね。ひっそりとこの国の、町の、どなたかのお役に立てれば。
皆様のご理解とご協力をお願い致します。

Monday, April 25, 2016

平穏【平成28年卯月25日】孤高の登拝111度目(Going-to-the-God Trail)

先週の登拝とは打って変わり、西寒多山(本宮山)の真っ暗な登拝道は静寂に包まれ、山の住人たちの気配も感じなかった。

先週の奥宮は、地震により朽ちた枝葉が沢山落ちていたが、今朝は想像していたよりは穏やかな状態だった。

落葉が多かったのは、新緑のパワーで落とされたものであろう。秋ほどではないが、落葉がなくなることのない木々に囲まれた西寒多山(本宮山)9合目に鎮座する西寒多神社・奥宮である。
沢山の木々に囲まれ数時間、手を休めることなく掃き清める作業をしていると、天の方から視線を感じることがある。入れ込み過ぎに作業をしていると、木の実や花を自分の頭や肩にポトリと落とし、「一休みされよ」と声をかけてくれる。
ちょっとだけ手を休め、木々と会話をするのだ。
奥宮入口道も木々に囲まれ、作業に1時間を要する。
入口道から作業を始め、奥宮、磐座(石嶺殿)と進める。
次に参られる方のために、足跡一つ残さぬこと。
 上り下りも下界は見えず。
霧に覆われた登拝道は幻想的な姿を見せてくれる。西寒多山(本宮山)は雲霧帯に属し、この時期から夏にかけての早朝は、湿気を含んだ霧中を歩く機会も多くなる。
 2度目の大きな揺れで落ちてきたであろう大きな枝と、新たに折れた木も登拝道上で数本発見。
先週から拝殿の中が荒れており、気になって仕方がない。荒れ神社のように放置はよくないと思うが、自分のような者が入れる領域ではなく(お賽銭箱もあるので)。
どうかお気付きになられますように。

【2016.4.25】孤高のゴミ拾い(西寒多神社登拝道・参道ルート編): 17,576km/10,921mi

週末に雨が降ると、登拝道のゴミは少ないです。このルートでは、登拝道のゴミが少ない時は、これくらいの量です。行きの真っ暗な時は、沢山のゴミが10号線~大道バイパスに落ちているのですが、帰りは10:00くらいに通過するので多くのゴミが回収されています。回収されていない時は、パンパンになります。登拝の日は、復路でゴミを拾います。
今日は、いつものゴミ拾いルートでお会いする方と西寒多神社周辺で、西寒多神社周辺でお会いする方と自宅周辺でばったりと出会い、「えー!どこまで拾ってあるきよんの?!」と驚かれること2度。

いつものゴミ拾いルートでお会いする方々は、自分が登拝をしていることを知りませんし、西寒多神社ルートでお会いする方々は、自分が毎日ゴミを15km拾っていることを知りません。

皆様のご理解とご協力をお願い致します。

【2016】『藤の花』開花情報~西寒多神社~

【4/25】
先週「あれ?これ咲かないな・・・」と思ったのですが、どうやらその悪い予感は当たってしまったようでして。今年は、写真に写っているほどの藤の花くらいしか咲きません。
「西寒多神社と青い鳥」さんのツイートの通りです。

今日、藤の花を撮影に訪れたご夫婦にお会いしたのですが、「あらら・・・」とガッカリされてました。
見頃は、GW前までですね。
残念ですが、自然のことですので来年に期待です。
白藤もピークを過ぎました。
本宮山に咲く野生の藤は、元気いっぱいです。
今年の開花情報は、今日で終了とさせて頂きます。ありがとうございました。来年はきっと。
【4/18】
かなり垂れてきました。
 後方の藤は少しずつ花もつきはじめ
 例年、白藤が一足先に満開になります。
 予測通りの成長具合ではないでしょうか。
【4/11】
今日は曇りで肌寒く、写真では色具合を表現できずです。
奥(トイレに近い方)の藤は、成長が少し早いです。
やっぱりGW前かな・・・。

【4/5】
今年も西寒多神社の「藤の花」開花情報を始めます。昨年までは「KAI's MAGAZINE」に投稿していたのですが、今年からこちらの方に。

昨年と同じペースで成長しているのではないでしょうか。ピークはGW前と予想します。最近、「藤の花まつり」と開花が合わないのは、やはり温暖化なのでしょうか。
【2015】『藤の花』開花情報~西寒多神社~ [post]
【2014】『藤の花』開花情報~西寒多神社~ [post]
【2013】『藤の花』開花情報~西寒多神社~ [post]

夏の風物詩【2017.7.26】孤高のゴミ拾い: 22,848 km/14,197 mi

この時期になると、多くのホラー的心霊関係のメッセージをもらうようになります。 「西寒多神社は心霊スポットなのか?」 「西寒多神社で焼身自殺があったというが、詳しく教えてもらえないか?」 「奥宮は幽霊が出るというが貴方は見たことがあるか?」 「奥宮は(心霊的...