Friday, July 31, 2015

【文月31日】孤高のゴミ拾い: 14,579km/9,059mi

太陽が出ているのにオブラートに包まれたような大分市です。こういう日のゴミ拾いが一番しんどいですけど、「夏は暑いもの」と思えばそうでもないです。

独身男性の家庭ゴミ投棄が増加中です。ポイ捨てゴミは拾いますが、さすがに大分市民の家庭ゴミ投棄までは、1人では手が回りません。家庭ゴミは、大分駅前などの机の上には捨てられず、郊外、更に土手・河川敷や橋の下など机の下に捨てられるのです。上の写真は、土手の斜面の危険な所に投げ捨てられていました。拾っても拾っても毎日捨てられるのです。大分市の皆様、どのように思われますか?今まで通り「知ったこっちゃない」ということで・・・。24時間もちません。
前半で袋がパンパンになっちゃいました。
大分バスさんのバス停は、ゴミ捨て場ではないですよ。自分が拾うルートのバス停は、ほぼ全てゴミだらけです。拾っては捨てられの毎日です。
Oita City as Dirty and the City

そんな酷暑のゴミ拾い途中、コミュニティのHさんに畑のお野菜を頂戴しましました。

ミニトマトはサクランボのように甘く、その場でいくつか食べて体力回復です。
白ナスは、今が美味しいということで楽しみです。
シシトウは好物で、焼鳥屋さんにシシトウがないとがっかりしてしまいます。
オクラもたっぷり頂戴しました。オクラの花は、おひたしにしてポン酢で頂きます。他の食べ方を知らないのですが、はまる美味しさです。
残り少ないズッキーニも厚かましく頂戴し、早速パスタに。
モロヘイヤは、どうやって食べるのが美味しいかなと。
夏のゴミ拾いは、夏野菜たっぷりで乗り切ります!スイカとトウモロコシは、雉にやられて全滅です。
いつもコミュニティの方達に優しくしてもらっています。お心遣いありがとうございます。感謝をしながらのゴミ拾いです。

Thursday, July 30, 2015

【文月30日】孤高のゴミ拾い: 14,564km/9,050mi

皆さんに「黒くなったなぁ」と言われながらのゴミ拾いでした。24時間前に拾ったのですが、パンパンですわ。
特に土手沿いの道路は、やられ放題です。回収日まで自宅保管なので、この手のゴミ(↓)が多くなると大変なのですよ・・・。
いつも原チャリに乗った女性にご丁寧に頭を下げられのですが、追い越したところでの少し後ろ向き挨拶になってしまうのでちょっと危険な態勢になり、こけないか心配になります。お気持ちだけありがたく頂戴しますので、そのままスルーして行かれて下さい。お願い致します。

彼女だけではなく、シニアの方が運転中に自分を見つけ急減速して声を掛けて下さることがあります。後続車も慌ててブレーキを踏むというケースがございまして、お気持ちだけ頂戴しますので、そのままスルーでお願い致します。くれぐれも。

Wednesday, July 29, 2015

【文月29日】孤高のゴミ拾い: 14,549km/9,040mi

やっと梅雨明けした酷暑の大分市はゴミだらけ。昨年同時期よりもゴミ量は増加しています。
ゴミを拾い人は、ゴムを拾うだけの作業ではないのです。飲み残しのペットボトル、キャップ付きの空缶を開けて飲み物や吸い殻を取り出します。普通の空缶や飲料パックも1本1本中身を確認してからゴミ袋に入れなければなりません。その作業を何十回もしなければならないので、なかなか前進することができませんが、ゴミ捨て人は、車や自転車から気持ちよく投棄するのです。缶切りを使用しないプルトップの缶詰が多くなってきたので、歩きながら缶詰を食べてそのまま投棄というゴミが多くなりました。
独身男性の家庭ゴミポイ捨ては、所々で更に悪化していますが、やられ放題ですね。
大分河川敷で「大分トリニータ」のゴミをよく見かけるようになりました。グッズもよく捨てられています。
大分市民は、回収しにくい場所を選んでイロイロなもを捨てていきます。放置しておくと、一週間後にはゴミ捨て場と化します。
大分川河川敷の土手で女子高生に下半身露出

大分県の防犯情報によると、24日午後9時半ごろ、大分市光吉の大分川河川敷の土手で、帰宅中の女子高生に男が下半身を露出する事件があった。男は40歳ぐらい、身長約170センチ、ぽっちゃりした体型、丸刈りが伸びた頭髪で、チェック柄の長袖シャツを着ていた。

~2015/07/25 「西日本新聞」さん~

現在、この場所は草刈り作業中ですが、刈られていない場所では背丈ほどの高さになり視界は遮られ、街灯も人気もないので川沿い斜面に引きずり込まれたら危険です。

いずれにせよ、21:30に女の子ちゃんが1人で自転車走行する場所ではないです。車には気を付けなければなりませんが、土手沿いの道路を通るか、ホワイトロードを通るかにしてください。

現場は、ゴミの多いエリアです。ゴミの多い所は危険なことも多いものでして、そのような事がないよう日々このエリアのゴミを拾って歩いているのですが、力不足で申し訳ないです。

Tuesday, July 28, 2015

この橋歩きたい: Unknown


【文月28日】孤高のゴミ拾い(西寒多神社登拝道・参道ルート編): 14,534km/9,031mi

8合目の吸い殻拾うの忘れたぁー。しっと!
夏場に焼けたアスファルトのゴミを拾うのは、なかなかの苦行です。今日は軽めの回収とさせて頂きました。

【文月28日】孤高の登拝: 71度目(Going-to-the-God Trail)

この1週間で西寒多山(本宮山)の様子が変わった。行く手を遮る植物の成長が止まり元気がなくなってきた。植物の名前はわからないけど、行く手を遮っていた植物に赤い部分が伸びてくると秋の準備が始まり、まもなく道が開ける。
登拝道では、山の住人達の糞を沢山確認でき、活発に動き回っていたようだ。8合目展望台の下の登拝道沿いで(写真左側)イノシシがよく仮眠しているようで、自分に驚いて「バフっ!」と声出して谷に逃げて行く。今のところ攻撃されたことはないけど、驚いて谷に転げ落ちたイノシシがいて申し訳ないことをしたと。
今朝は、下界をしっかりと見ることができた。大分市は上から見るとキレイな町。
奥宮の掃除をちょっとだけして、磐座の前に腰かけしばらく考え事をしたり。
下界に戻ると、コミュニティの皆さんが「おかえり」と声を掛けて下さる。「朝主人が、あの人がが山に入ったと言ってた」とシニア女性。真っ暗な冬の西寒多神社で姿を消す人がいるという話になっていたそうな。
夏越しまつりの終わった西寒多神社。

西寒多山は、暦通り。

**********************************************
遠方の方へ: 眺望を楽しむのなら隣の霊山がおススメです。縦走もできます。

Monday, July 27, 2015

【文月27日】孤高のゴミ拾い: 14,522km/9,024mi

昨晩は花火大会があり、昨日以上に多いゴミ量で、昨日同様前半で袋がパンパンになってしまいました。来週末の七夕まつり・府内戦紙が終われば、夏休みのゴミは落ち着きます。
お祭りらしいゴミがね。
たまにお会いするシニアの方が、「いや~運転してたら道路が2重に見えて、どっちが本物の道路かわからんでな~」と笑いながらおっしゃっていましたので、運転を止めて頂くよう切にお願いしておきました。病院に行くということで。

Sunday, July 26, 2015

【文月26日】孤高のゴミ拾い: 14,507km/9,014mi

雨が多いので想定より遅いペースで14,500km通過。9月中に15,000kmに到達予定です。七瀬川のお祭りのゴミで、前半で袋一杯になりました。昨年より多いですね。花火のある今晩な更に多くなることが予測されます。お祭り会場内はスタッフや清掃係の方達が片してくれるのでしょうが、敷地外のゴミは放置です。それは、南大分祭りも同じくでした。周囲1km以内でお祭りのゴミはポイ捨てされますので、実行委員は、そこまでキッチリしないとですね。会場内も翌朝には、キレイにしとかなきゃ。
家の壁に立小便をされたと怒っている方がおられました。ワンちゃんンのおしっこもかけられるそうなのですが、自分の家やビルにされてもその方達は平気なのでしょうか?

立小便は、外国でも問題になっているのですが、ちょっと前にドイツで発明・導入された技術をサンフランシスコも導入するというニュース記事を読みました。
特殊な塗料を壁に塗ると、おしっこが自分に跳ね返るというもの。日本でも導入されることになるのでしょうか。なかなかCoolですね。

明日のゴミ拾いは、台風次第です。

Saturday, July 25, 2015

【文月25日】孤高のゴミ拾い: 14,492km/9,005mi

ゴミ量はいつも通り。昨年から「Amazon」のゴミが多くなったのは時代ですね。アメリカでは、「Amazon」が2017年までに「Macy's」を抜いてアパレル売上げNo.1になるという予測です。
日記名「破竹さん」と歩きながら話をし、別れ際に「いつも貴方から良い氣を頂戴してるんよ」と有難い言葉を頂戴しました。毎朝介護施設の送迎車の中から自分に手を合わせて下さるお婆ちゃんがいます。恐縮やら、恥ずかしやらなどの気持ちが入り混じり、最初の頃はリアクションにとまどったのですが、深々と頭を下げるようにしています。人生の先輩方から有難いお言葉や挨拶を頂戴すると気が引き締まります。人生の先輩方には薄っぺらい言動でのごまかしは通用せず、「行い」だけで「氣」を感じてもらえるようになるには時間が掛かります。一層精進を重ねます。
今日は、冷たい飲料水と柿の種の差し入れを別々の方に頂戴しました。お気遣いありがとうございます。
学校がないと子供ちゃん達に会わないから静かでさびしいですね。

Friday, July 24, 2015

【文月24日】孤高のゴミ拾い: 14,477km/8,996mi

雨ばかりでゴミ拾いがなかなか思い通りに進みませんが、台風12号が去ったら夏休みらしい天気になるのでしょうか。熱中症を警戒しつつ、無理せず1袋分だけ回収させて頂きました。拾えなかった日数分だけゴミはたまるのですが、それでも大分川・七瀬川草刈り隊(センコー企画さん)のおかげで助かっています。
七瀬川公園の「火群まつり」と市街地中心部の「府内戦紙」が終われば、夏期のポイ捨てゴミは落ち着くのですが、今年の大分市は「ふわ~」っとした浮ついた空気感があるのでわかりません。

ゴミ拾い中にいつもすれ違う高校生の女の子ちゃんの化粧がケバくてビックリしました。お年頃ですからね。


自分は、熱中症にご用心です。ゴミ拾ってて倒れたら恥ずかしいです。人生変わっちゃう醜態です。十分な睡眠・水分補給と気合です。

この道歩きたい: Kendall Katwalk, part of the Pacific Crest Trail, Oregon

本末転倒の町【2017.5.24】孤高のゴミ拾い: 22,119 km/13,744 mi

ツバメちゃん達が巣立ってしまいました。空っぽの巣を見るのは寂しいです。もしかしたら第2陣が子育てにやって来るかもしれません。 飲み食いしたゴミ、男性の衣類や下着、女性の下着やストッキングが散乱していました。使用済みの避妊具も散乱していました。ここだけの、今日だけの話では...