Sunday, May 31, 2015

【皐月31日】孤高のゴミ拾い: 14,036km

2年前の昨晩、ゴミ拾いルート上で焼身自殺がありました。その日の朝、まさにその場所のゴミを拾ったばかりで、少なからずショックを受けました。

ゴミの多い場所では、人間だけではなく動物たちも多く命を落とします。

もしゴミひとつなくキレイな場所だったら、自殺はなかったかも・・・

そう思わなくもないです。

自殺があってしばらくはゴミが少なくなりましたが、1ヵ月もすると元通りになり、今も毎日ゴミが捨てられます。

コミュニティの人達は、怖いので現場周辺のゴミを拾わないとおっしゃっていましたので、「自分がやりますから」と拾い続けています。
昨年に続き線香をあげ、手を合わせました。どこのどなたかも、どのようなご事情だったのかも知りませんが、毎日のことですので。自殺があってしばらくして花束が置かれ、「弔ってくれる人がいてよかった」と思いました。

知ってか知らずか、ある人の最期の場所にゴミを投げ捨てていきます。
知ってか知らずか、ある人のお墓やお地蔵様にゴミを投げ捨てていきます。

今日もまた、大分川・七瀬川(土手・土手沿い道路含む)にはゴミが沢山捨てられていました。24時間前に拾ったばかりなのですが。
そんな大分市です。

美徳(excellence)は、訓練と習慣の賜物である。

我々は、あらかじめの美徳が具わっていたり、卓越した能力があるからこそ正しい行動ができるのではなく、正しい行動をするからこそ、美徳や卓越した能力が得られるのである。

我々が何であるかは、我々が繰り返し何を行ったかによって決まるのである。

それゆえ、美徳は行いではなく、習慣なのである。

~アリストテレス~

Saturday, May 30, 2015

【皐月30日】孤高のゴミ拾い: 14,021km

日本は剣でつくられたという

古の神が剣を海に浸け

それを引き上げると四つの雫が滴り落ち

それが日本列島となったそうな

Friday, May 29, 2015

【皐月29日】孤高のゴミ拾い: 14,006km

ゴミを拾い始めて14,000kmの山を越えました。正直、こんなに長い距離を拾い続けることになるとは。
毎日拾い続けていると、河川・河川沿線を管理されている方達、周辺コミュニティの方達の目に入り、何か今までとは違う新しい動きが起こるのではないかと思っていましたが、特に何の変化もなく、事態は悪化するばかりです。プライオリティ的には、下位なのでしょう。

自分が拾っていられるうちに、何とかして頂きたいと思っていましたが、それは、人をあてするという自分の甘えでしたね。

心の問題だと思います。失ったものを取り戻すのは大変なことですが、失ったことにさえ気付いていないというのは、悲劇としか言いようがありません。

玄奘三蔵の天竺への道15,000kmに並ぶまであと1,000km・・・東海道往復の距離。

厳しい夏のゴミ拾いを越える頃かな。それを越えると、また新しい何かが見えてくるのではないかと、漠然と思っています。

1日1日のゴミ拾いに集中し、「Something new, something different」を心掛け、そこから何かを学べればと思っています。

Thursday, May 28, 2015

オーロラ銃乱射事件犯人「James Holmes」のノート術

事件概要 [wikipedia]

【皐月28日】孤高のゴミ拾い: 13,991km

今日もまた前半でパンパンになり、後半2枚目を投入。
 写真(下)サイズのゴミが主流の大分川沿いです。これが数km続きます。
 分別のため開封すると以下の通りです。
ゴミを捨てる人達は、モノを大切にしない人達でもあります。未開封の食べ物・飲み物も平気で捨てる人達です。これは、自分の経験上間違いないです。
昨日、女性の衣服一式が捨てられていたと書きましたが、今日はちっこい子供ちゃんの衣服が捨てられていました。下着ですかね。オムツもよく捨てられています。

Wednesday, May 27, 2015

【皐月27日】孤高のゴミ拾い: 13,976km

前半でゴミ袋が満杯となり2枚目突入となりました。重たいゴミが多かったので大変でした。
車中から髪染めのゴミが。ゴミの有料化後、こういう類のポイ捨てゴミ投棄が増加しました。「20代独身男性」のポイ捨て(投棄)が深刻ですね。家にゴミを置きたくないので、出たゴミはすぐに家から消去。「カップ麺+発泡酒+トイレの洗剤」というように、日用雑貨のゴミが一緒に捨てられるようになりました。当然、彼らは分別などはしてくれません。あちらこちらに新しい家庭ゴミポイ捨て専用のステーションができているのですが、無策のままノーガードで殴られ続けるだけです。
女性の衣服が上から下まで一式捨てられていました。どういうシチュエーションで捨てられたのかはわかりませんが、昨今のニュースを見ていると、すぐそばの草むらに屍でもあるのではないかと不安になってしまいます。怖いのでこういう投棄は特にご勘弁願いたいです。
どうしてこんな町になってしまったのでしょう。

皆さんの意見は、ほぼ一つに集中するのですが、お上にはその声が届かぬようで。

南蛮文化の町とは、ゴミの町ということでしょうか?
アートの町というのは、ゴミの町ということでしょうか?

上っ面ばかりで中身が全くともなっていないのではないかな。

何事も経済効果・活性化のためだ。細かいことは言うなと。

ボランティアの数を増やしても解決しません。

この地の民は、老若男女問わず「畏怖の念」をおろそかにしすぎだと思うんだがねぇ。昔の殿様を引っ張り出して金儲けを企てる前に、成すべきことがあるんじゃねぇのかい。

この地は、先祖から譲り受けたものではなく、子孫からの預かりものであるはず。

先祖も子孫も大切にできないこの地に、果たして明るい未来が待っているのかしら?

お天道様は見てるんだぜぇ。

Tuesday, May 26, 2015

【皐月26日】孤高のゴミ拾い(西寒多神社登拝道・参道ルート編): 13,961km

登拝道は、ゴミが多かったです。赤で囲った部分は、拾えそうで拾えない場所に投げ捨てられたお弁当やタバコの空き箱などのごみです。本宮山にゴミを捨てる人達も、拾いにくい、拾えない危険な所にゴミを投げ捨てます。
大分の人達はねぇ・・・困ったものです。

夏の風物詩【2017.7.26】孤高のゴミ拾い: 22,848 km/14,197 mi

この時期になると、多くのホラー的心霊関係のメッセージをもらうようになります。 「西寒多神社は心霊スポットなのか?」 「西寒多神社で焼身自殺があったというが、詳しく教えてもらえないか?」 「奥宮は幽霊が出るというが貴方は見たことがあるか?」 「奥宮は(心霊的...